知恵とデジタルを武器に
混迷を極める資本主義社会を
生き抜く人を増やす

「失われた20年」という言葉のとおり、我が日本では経済が低迷して久しく、労働者人口の減少も年々顕著になっています。また、日本人の平均年収は405万円(2021年時点)と約15年間、変わっていません。

「日本はもはや豊かな国ではない」

そんな言葉を当たり前に耳にしましたが、さらに「そんな話は聞き飽きた」と言う人が一定いるほどにまで来ているのが、今のこの国の状況です。

私はいわゆる「ロスジェネ世代」です。就職も転職もうまくいかない、スパルタ教育が苦痛、評価もされない、給料も上がらない、、、挙げればキリがありませんが、正直言って「国のおかげ」「時代のおかげ」で得したと思えることはありませんでした。

毎日「静かなる絶望」に浸りながらも、突破口を探してみたものの、世の中に蔓延っている常識やノウハウでは何一つ人生は好転しませんでした。

しかし、「インターネット」という時流をとらえ、心理学、機能脳科学、行動経済学、量子力学などを知り、ビジネスやライフスタイルで実践してからは状況が一変しました。

決して順風満帆とは言えないものの、皆様に支えられ、勢いで独立してから4年が経ち、当社も3期目を迎えようとしています。

また、当社はコロナ前から良質なライフスタイルを満喫しながら働ける環境を目指してきました。関わる人は完全リモートで働けるようにし、私自身も旅をしながら会社運営をしている側面も持っています。

しかし、もちろんこれは私や当社だけの特権ではありません。
もし、これを見ているあなたが「静かなる絶望」に浸った毎日を過ごしているなら、絶対にそれに終止符を打つことはできます。

私は事業を通じてそんな現状を変えたい人の力になってほしいと強く考えています。